永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

多くの女性がムダ毛の自己処理は面倒で、専門店で永久脱毛を行ないたいと考えています。しかしレーザーを肌に当てる事で重大な副作用が生じ、皮膚ガンになってしまうという間違った見解が広がっている為詳しく仕組みをご説明します。クリニックやサロンで使用しているレーザーや赤外線装置は、日本医学脱毛協会が厳しく規定した人体に悪影響を及ぼさない程度の性能のものしか使われていません。ですので肌トラブルや病気を引き起こす心配は一切ないのが現実です。

永久脱毛による副作用

永久脱毛を考えている方は医療クリニックで医師が施術する医療レーザー脱毛が良いかと思います。
しかし、医師が施術する医療レーザー脱毛も副作用がないわけではありません。
副作用と聞いて内臓、血管への影響や皮膚がんなどを心配される方もいるかもしれませんが、そういったものではありません。
医療レーザー脱毛の副作用はレーザーの照射での炎症により小さな傷がついた肌から感染して毛膿炎(ニキビ)のような状態や赤みやヒリヒリした痛み(一時的な火傷の状態)が続くことがあります。
症状が改善せずにシミが残る可能性もあります。
ですので施術から施術後のケアまでしっかりしたケアを行ってくれる医師が行う医療クリニックでの医療レーザー脱毛をお勧めします。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛をするとワキ汗をかきやすくなったり、ワキガが強くなるというような口コミがありますが、これは大きな勘違いです。実際脱毛する事で毛がなくなり汗が滑りやすくなるので、ワキ汗が増えたように感じてしまうのです。また永久脱毛によって根元の毛がなくなるので、毛に汗が溜まる事がなくなり雑菌の繁殖が減ります。その為ワキガの匂いを防ぐ事ができるのです。施術後には肌の体質などによって肌に副作用が起きたりしますが、体への害はありません。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

医療用レーザーを用いる永久脱毛の原理は、毛根にあるメラニン色素に反応して毛根細胞を破壊して行います。
毛根細胞を破壊する時に強い熱が生じるという副作用が発生して、その熱によって皮膚表面が炎症を起こして赤みを帯びたり、軽い火傷を起こしたり、肌の保湿に影響を与えてガサガサの乾燥肌になったり、様々な肌トラブルを引き起こします。
そのため、レーザー脱毛を受ける前には、肌に水分量を調べたり、施術を受けた後に火傷を抑えるために熱を冷ますアイシングと保湿クリームによる肌の保湿も行います。
また、敏感肌やアトピー肌の場合は、通常の肌異常に副作用が出る可能性が高いので、施術を受ける前のカウンセリングの段階で報告して、低出力のレーザーで脱毛する方法が取られます。

永久脱毛 神戸 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です